上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
インすると早杉先生がベドーに行こうとしてたので閣下と共に向かおうとしたところ
早:いや、クエやろうとしてた。
まぁ、まぁ、いいからついでに鍵でも取っておきなさい(´∀`*) と、向かおうとすると
早:今日はジラMや ら な い か ?
石碑めぐりすらまだ終わってないワタクシw
ソロで行けるとこは、回り終わってるので、あとは助けが必要です。
とりあえず今日はジ・タの石碑に行くことに。
閣:あ、あと、アットワENM【興味があります。】
戦士で使う斧が欲しいとのこと。
とりあえず先にアットワから行ってみるかということになりテレポメア~(´∀`*)ノ
アットワへ着いたら入り口の樽に麻袋をもらいます。
もらえるハズなんです。
しかしあたしはもらえない。
なぜかって、それは故郷のタンスの中に入ってるからさぁぁぁぁぁぁ!!!orz
そんなワケでサンドまで取りに戻りました。
以前、なにげに話しかけて手に入れたものの、何かよく分かってなかったし荷物になるのでタンスの中にしまっておいたのですよ。
まさか突然必要になる日が来るとは・・・orz

麻袋を取って戻ると二人は既に山登りにチャレンジしておりました。
落ちたりしてはぐれて、各自バラバラに進んでおります。
かなり時間かかりました。
どれだけ登ってるんだ、とw
そんな中、早杉先生、1番乗り。
続いて閣下も。
あたしもようやく着けそうな道を進んでたのに、落ちてしまい、再スタートorz
しかもスタート地点が分からなくなってしまい、マゴマゴしてたら早杉先生が降りて迎えに来てくれましたorz

早杉先生に引き連れられて、あたしも何とか頂上へ到着です。
トリガーをゲットし、さきほどの樽っ子に持って行き、マスクをもらいます。
そしてBCへ。
エフトタイプの敵を倒す「風と共に」に挑戦!

ひたすら閣下が逃げ回り、早杉先生が遠隔攻撃し、削られた閣下にあたしがケアルVかけて座って、の繰り返し。
3人共、はじめての経験で容量が分からず、序盤に結構魔法を喰らってしまう。
てか、範囲広すぎ・・・ヽ(`Д´)ノ
あと、毒が痛いね。
でもこの毒、直してるとキリがないので放置。
序盤は危ない場面が多かったものの、途中からは結構イイカンジでした。
3分の1くらいまで削れた頃、HP真っ赤っかの閣下を回復しようとして、焦って早杉先生をタゲってしまうワタクシorz
再詠唱待ちの間に閣下が逝ってしまtt
あとは(略
あのミスがなければ何とかなってたかもなぁ・・・。
早:あれなくても負けてた。でもあたしはあれが気になって仕方ないのですよ・・・orz
5日後はもう1人誘ってリベンジしまっす!

その後は護衛に行こうということに。
あぁ!!!!Σ(゚Д゚)
そういえば先週のミラテテ、まだもらってなかった・・・orz
もうダメかなーと思いつつ報告したけどミラテテ無事にもらえました。
代わりにクエ受けれないけどね 。・゚・(ノ∀`)・゚・。
リコルも誘って4人で行こうということになり、受けれないあたしはお手伝い。
しかしリコルは名声足りなくて受けれなかった罠wwww
護衛は延期になりましたww

そのまま解散というか、みんな落ちて行き、あたし独りに。
え?ジラMですか?
今日は山登りでてこずって時間なくなったので中止!www

残ったあたしはフェローとランデヴー。
ヨトってイフ釜前のゴブ!君に決めた!!
移動途中にアネモネを見付けたらそっちもやってたのですがベツにいいもん出なかったなぁー。
油断してたらHP19とかになって、もう死んだと思ったけどww
そんなアフォなワタクシに見守られながら本日47に上がったドゥリィなのであります。

ドゥリィとお別れして、寝ようかなと思ってたら
閣:経験値稼ぐぞ!ヽ(`Д´)ノ
Σ(゚Д゚ υ)
どうやら戻って来たようです。
そんなワケで二人でプチ経験値稼ぎへ出発。
クフタルのカニにケテーイヽ(´ー`)ノ
なんでも@1700くらいで上がるんだとか。
二人で稼ぐのはなかなか大変な数値ですよ(;´Д`)
しかしながら時間をかけてコツコツやった結果、2時間くらいかかって閣下戦70に。
装備が色々と変わるとのことでホクホクでしたw

クフタルから出て、もう寝よう・・・と思ってたらフェローを呼び出す閣下。
Σ(゚Д゚ υ)
あたしも付き合うことに。
ウチの子は次の呼び出しまでにまだまだ時間がかかるので完全お手伝いww
しかし最終的には閣下が眠気に勝てず強制的に帰ってもらったのでしたw


今日はSS無しです。
調子悪くてちゃんと撮れてなかったorz
スポンサーサイト

2005.09.12 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。