上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- 
退院しますたーヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!
ぬこさん、あるふぁさん、お気遣いありがとうございました。

↓以下、今回の体調不良や入院事情について。
超私事だし、折りたたんでおきます。
あ、結論だけ先に言っておきますと、先日の記事で甥っ子が出来て叔母さんになっちゃった報告をしたばかりですが…今度は・・・

ママになっちゃいました(≧▽≦)

サマタンクは妻タンクからママタンクに進化したのです!(`・ω・´)シャキーン

5月31日9時22分に男の子を出産いたしました!
入院してたのはその為です。
最近ずっと体調がしんどかったのも妊娠中だったからなのです。
つわり自体は軽かったのですが、お腹が大きくなってくると身体が疲れやすく、座って長時間ゲームしたりすると、クタクタで気分悪くなる時が多々ありました。
それで最近はもうずっとFF入ってなかったのですよ。

てことで↓出産記録。
長いお!( ^ω^)おっおっおっ
5月30日
明け方4時頃。
痛みで目が覚める。
軽い生理痛のようなカンジ。
陣痛ではないけれど、前駆陣痛?とか思いながら気にせず寝る。
※前駆陣痛=陣痛かと思ったのに、不規則で強くなったり弱くなったりして、結局は痛みが遠のいてしまうこと。

午前11時。
トイレに行くと出血が…。
もしや、おしるし!?
※おしるしがあると、数日以内に陣痛が始まるといわれ、お産が始まるサインのひとつに挙げられます。
この日は丁度定期健診の日だったので病院で出血があったことを伝える。
内診してもらうも、子宮の開きはまだ指2本分程度。
帰宅中、腰がシクシクと痛む。

5月31日
午前2時。
PCの電源を落とし、ベッドに横になって本読んだりしてゴロゴロ。

午前3時。
昼間のおしるしが気になり、何となく入院準備を始める。
安産のお守りも忘れずに・・・と。
ある程度揃ったので残りは後日、と思いながら他の本を物色していると、何だか何かが漏れる感触が。
下着が妙に湿ってる・・・破水!?Σ(゚Д゚;o)
母親を起こす。
昼間に内診してもらったから、そのせいで何か漏れやすくなってるんジャマイカ ということで様子見。
しかし、また漏れる感触。
それからは、だだ漏れ。

午前3時半。
さすがに不安になり病院へ電話。
入院の荷物を持って今から来て下さい とのこと。
急いで足りない物を詰めてタクシーを呼ぶ。

午前4時過ぎ。
病院着。
内診室へ通される。
産婦人科医って、こんな時間でも診察しないといけないから大変だね。
しかも個人病院だから先生1人だし。
内診台に座り、診られると同時にカーテンの向こう側から「破水してるね」の声。
ちょ・・・mjdsk
心の準備ががががが。
だって予定日まで@2週間もあるんだz
※予定日 6月12日
そのまま病室へ通され、入院となりました。
まず、浣腸された(´・ω・`)
それから、先日の検査結果が陽性だったので、その予防の為の点滴。
その後、ベッドに横になり、お腹に何やら装着される。
赤ん坊の心拍数と、母体のお腹の張りを調べる機械らしい。
内診してもらってる時点ではまだ陣痛きてなかったけど、徐々に張ってくる。
陣痛始まったのは4時半頃から。
お腹は痛くないのだけど、腰がシクシク。
生理痛程度の痛みなのでまだ余裕。
母と会話しながら腰を撫でてもらう。

午前6時半。
仕事の都合で母帰宅。
一人になった(´・ω・`)
腰の痛みはそこそこなものの、重い生理痛程度で、まだそこまでひどくない。
とりあえず、寝てないのでそろそろ眠い。
ウトウトしかけるも、陣痛で起こされる。
痛みが去ったらまたウトウト・・・痛みで起きr
この繰り返し。

午前8時前。
そろそろ生理痛程度では済まなくなってきたので喋る気力がある内にパパに連絡。
既に母がパパの実家に連絡済みだったらしく、今から来るとのこと。

ここから先は時間なんて覚えちゃいません┐(´∀`)┌
電話の後は一人でもがき苦しんでおりました。
誰かに撫でて欲しくても、誰もいないので自分で腰さすってましたww
体勢は個人で色々楽なパターンがあるらしいですが、あたしはひたすら横向き。
仰向けでマットが腰に触れるのがイヤでした。
で、陣痛中は下半身は全く動かさない。
ちょっとでも体勢変えると余計に痛い。
このくらいの頃になると、波がきたときは唸ってました。
唸り声をださずにいられない。
陣痛中、胃が圧迫されるからか、気持ち悪くて吐いたりもした。

9時頃に一度、子宮の開き具合を見てみると言われてたのですが、30分繰り上げ。
その前にトイレに行っておくよう言われ、痛みの隙を見て何とかトイレへ到着。
しかし、1度座ると立ち上がれない罠。
てか、出そう・・・。
このままトイレで産み落としたらどうしよう!!とか、今思えば何ともアホなことを考えたものである。
あまりに長いので心配した看護士さんが迎えに来て、分娩室へ。
子宮の開き具合を見てもらうとのことですが、全開じゃなかったら、いきんじゃいけないんでしょ、これ。
でも、もう無理!!出ちゃいそう!!!ヽ(;´Д`)ノ
いきみ逃しなんて出来ない!!ホント o(゚Д゚)っ モムーリ!
とか思ってると、先生入場。
ワタワタと動く看護士さん達。
「出せそうだったら、いきんでいいよ」
これ聞いてかなり気持ちが楽になりました。
3回目くらいのいきみで頭が出てる感じが。
それから2回くらいいきむと、スポン!
そのまま身体もスポン!!
産まれた!!(´∀` )
元気にプギャー!!プギャー!!と泣いておりますww

しかし、一息つく間もなく、股を縫われる。
いだだだだだだだ!!!!
痛い・・・痛い、痛い、痛ーーーい!!!!・゚・(ノД`)・゚・。 うえええん
しかも、長い・・・何針縫ってるんですか・・・。

縫合も終わり、ようやく一安心。
分娩室から看護士さんと先生が出て行き、パパが通される。
陣痛中や分娩中は痛くても泣かなかったと言うか、泣いてる余裕なかったと言うか、涙出なかったけど、ここで泣けて来た。
声あげてワンワン泣きそうだったけど、部屋の外には看護士さん達もいるので、こらえる。
何だろうね、実家帰っててしばらく会ってなくて寂しかったのとか、一人で産んで心細かったのとか、無事にお産が終わった安心感とか、そういうのが一気に出ちゃったのかねー。

産まれたばかりの赤ちゃんは小さいけど、これが自分のお腹の中にいたのかと思うと、何とも不思議な気分。
予定日よりも2週間早い誕生だった為か、小さめで2738グラム、47センチ。
妊娠中のエコーで言われたけど、ウチの子は平均よりも足の骨が長いらしいですよwww

結局、陣痛開始から約5時間。
本格的に痛み出してからは2時間くらいの分娩。
初産って陣痛10時間以上かかるとか聞いてたので予定日近づくにつれてガクブルしてましたが、アッサリ出て来てくれて良かったですw
これって安産って言うのかな?
体重も+13キロと、管理失敗したのにwwwwwwwwww
破水が先に来たから早かったのかなー?
破水が先だったけど、ちゃんとすぐ後に陣痛が来てくれたのも良かったんだろうね。

そんなワケで、長い妊娠期間を終え、一児のママとなりました(ノ´∀`*)
これからは育児第一の生活になると思いますので今まで以上にFF入るのは難しいですが、たまに見かけたら構ってやって下さいw
スポンサーサイト

2008.06.06 


Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。